2022年6月18日土曜日

今年度の連続講座が始まりました!

 

今日は令和4年度の第1回の連続講座を開催いたしました。

今年も昨年度に引き続きコロナ対策のため対面受講の方の人数を絞って開催しております。一方でオンライン参加の方が非常に多く、うれしい限りです。

今年度は「アートから読み解く近江の歴史と文化財」と題して全7回の講座をラインナップしました。

今日は「フィギアの考古学-日本最古の相谷土偶の意味」と土偶とは何かを当協会の瀬口が解説しました。「うつろ」をキーワードに土偶を読み解きました。ちょうど会場の滋賀県埋蔵文化財ンセンターに相谷土偶が展示してあったので、講座修了後に見学しました。受講者の皆様は熱心に質問をしていました。

2022年2月7日月曜日

普門南遺跡(大津市)で地元向け説明会を開催しました!

 2月5日()の午後、大津市真野公民館で、地元の方々を対象とした説明会を開催しました。

 この日はあいにく朝から雪がちらついており、外にでかけるのが億劫な天気でしたが、参加者は12名と予想していたよりもたくさんの方々がお越しくださいました。ご参加くださったみなさま、本当にありがとうございました。

 また、せっかくの機会なので出土した遺物を会場で展示しました。実物を前にして、参加者の方々も「うちの地元でこんなものが発見されたのか!?」と、とても興味深く見てくださいました。

 なお、当日配布した資料はコチラからダウンロードできます。

2022年1月8日土曜日

連続講座最終回が終了しました!

本日は9月に予定されていた講座の延期分の回を開催いたしました。

内容は、当協会の佐藤さんから縄文人の食に焦点をあてた話を、遺跡出土の動物骨から展開しました。

受講者の方は、今に続く琵琶湖の恵みについて、まさに舌鼓を打ったというところでしょうか。

これで、今年度の連続講座は終了となりますが、次年度も今年度と同様に本会場(対面)、サテライト会場、オンライン参加で開催していく予定です。

2月中旬ごろには、募集を開始いたしますので、ホームページ等でご確認ください。皆様のお越しをお待ちしております。