2023年1月10日火曜日

令和4年度第3回「文化財保存活用地域計画」学習会を開催しました!

 

 今日は、今年度3回目の文化財保存活用地域計画の学習会を近江八幡市内で開催しました。アドバイザーとして京都橘大学の村上裕道先生をお招きして、県内市町の文化財担当者の方々と市内に所在するヴォリズ建築の保存と活用について現地の見学と討論、意見交換をおこないました。

 非常に有意義な意見交換をすることができました。

 ヴォリズ学園の理事長、学園長さまにはご協力いただきありがとうございました。

2022年12月17日土曜日

今年度最後の連続講座(第7講)を開催しました!

 今日は、今年度の連続講座最終講、第7回を開催しました。

 本日は私、堀から湖南市夏見に所在する夏見城遺跡の調査成果をもとに、「身だしなみ」をキーワードに、発掘調査から遺跡の理解、歴史との関連性を掘り下げていきました。受講者の皆さん、いかがだったでしょうか。

 さて、次年度の連続講座も対面、オンラインのハイブリットで開催する予定です。来年2月頃には内容等をご案内できると思います。受講していた方も、していなかった方も是非ともご参加をお待ちしております。

 

2022年11月23日水曜日

朽木陣屋跡の地元向けの説明会を行いました!

 本日、高島市朽木陣屋跡の発掘調査現場で地元説明会を開催しました。

 今回説明会では、江戸時代の朽木陣屋を取りかこむ「堀」が確認できたという成果をご覧いただきました。あいにくの雨が降りしきるという悪天候の中にもかかわらず、地元の皆さま30名が参加していただきました。本当に感謝です。

 説明会では、現在調査中の調査区にも足を運んでいただき、遺構を間近でご覧いただき、また、出土した主な遺物も現地で展示し、実物を前にして解説をおこないました。朽木地区は従来あまり調査がなされてこなかった地域であり、久しぶりの説明会となった今回は調査員も説明に熱が入りました。

 なお、当日配布した資料はコチラからダウンロードできます。

2022年11月19日土曜日

第6回連続講座を開催しました!

 今日は連続講座第6回を開催しました。滋賀県平和祈念館の田井中洋介氏に「近江の考古学発見史/県政150年が語る蓄積」と題してお話いただきました。

 今年が滋賀県政150年の節目の年であったことを皆さんご存じでしたでしょうか?そのことに絡め、今回の講座の内容となりました。滋賀県が管理する明治以降の行政文書から考古学や遺跡の発見を読み解いていく、探偵さながらの展開が非常に面白かったです。普段、日の当たることの少ない行政文書を使って、歴史を解き明かしていく、いつもと少し雰囲気の異なる講座でした。
 

2022年11月6日日曜日

設立50周年記念事業を開催しました!

 

三日月知事の祝辞
 今日は当協会の設立50周年記念講演会を開催しました。コロナ禍であることもあり、事前申込制をを取らしていただきましたが、定員を上回る応募がありました。ありがたい限りです。
 
 冒頭では、お忙しい中、三日月大造滋賀県知事から祝辞を頂戴しました。




黒崎先生のご講演
 講演会では、当協会の評議員でもいらっしゃる黒崎直富山大学名誉教授から協会の設立前夜の滋賀県の埋文事情をご講演いただきました。
 我々の知らない時代の滋賀県の埋蔵文化財のおかれていた状況が非常によくわかり、諸先輩方の努力のうえに現在があるのだと実感しました。
 個別の報告では、協会の職員が現在、滋賀県埋蔵文化財センター開催されている『滋賀をてらした珠玉の逸品たち』で展示されている各時代の逸品に関する報告を行いました。この展覧会は、会期が11月19日となっています。開館は平日(11/19は特別開館)になっておりますのでぜひご覧になってください。

 


 


2022年10月15日土曜日

第5回連続講座を開催しました!

 

 今日は、秋晴れの本当に過ごしやすい日です。そのなかで、連続講座第5回を開催しました。

 内容は「聖なる舎利の信仰/美しき石製塔婆の歴史」と題して、滋賀県立大学教授の佐藤亜聖さんにお話しいただきました。

 普段目にすることがあっても、なかなかその意味をわかっていないかった石製の塔婆を、歴史的な背景と意味を非常に分かりやすく解説してくださいました。講座が終わったあとに、これから話に登場した石塔を見に行くとおっしゃっていた受講生もおられ、新たな発見が多かったのではないかと思います。

2022年10月9日日曜日

関西考古学の日2022記念講演会を開催しました!

 今日は、3年ぶりに関西考古学の日の記念講演会を開催することができました。

 あいにくの雨模様の中、そしてコロナ禍のため事前申込制で人数を限った中、150名を超える方がご参加していただきましました。ありがたい限りです。

 今回の記念講演会は「奈良仏教と政治の世界」と題して、京都大学の吉川先生にご講演をいただき、関連する調査報告を3本いたしました。非常に熱のこもった良い会となりました。お越しいただいた方にはあらためて御礼を申し上げます。

 なお、まだ「関西考古学の日」スタンプラリーも含めて各団体で講演会、講座等を用意していますので是非ご参加ください。冊子の方はコチラからダウンロードできます。