滋賀県文化財保護協会

滋賀県文化財保護協会は、滋賀県内の遺跡の発掘・整理調査を行っております。
また、遺跡から出土した遺物を活用した普及活動を実施しています。
今後のイベント実施情報につきましては当協会ホームページ(www.shiga-bunkazai.jp)をご覧ください。

2012年7月29日日曜日

イオンモール草津さんで勾玉作りの体験学習を行いました

イオンモール草津さんは草津市にあるショッピングモールで、先週に引き続いてこの夏の勾玉作り体験第2弾です。今回は揃いのポロシャツを着用しました。イオンモールさんでの開催も今年で3年目となります。 会場は3階のイオンさん前のスペースだったのですが、10時の開店前からイオンさんとの間を隔てるシャッターの向こう側からたくさんの人の声が…。今回も開店と同時に大勢の方が受付に来られ、受付開始から20分で1回目の定員30名が埋まり、2回目・3回目についても午前中に定員がすべて埋まるという、例年にない盛況ぶりでした。
受付には長蛇の列が
さて、今回も11:00/13:30/15:30の3回、それぞれ1時間ほど勾玉作りを行いました。子供たちは材料となるろう石の角張ったところや平らなところを、棒やすりで削ったりサンドペーパーで磨いたりして、丸みを帯びた勾玉に仕上げていきます。この勾玉作りは、どれだけ削って磨くか、実は限界がありません。手を加えれば加えるほど、きれいな勾玉に仕上がるからです。どの段階で完成とするか、子供たちの頑張りと感性によるところが大きいのです。個人的には、尻尾の先を尖らせ気味にすると、形の良い勾玉になるように思いました。ともあれ、一生懸命に作った勾玉は、その子にとっては宝物です。穴に革紐を通して首からぶら下げると、立派なアクセサリーになりました。
まず勾玉とその作り方を説明します
棒やすりの使い方を教えています
また、遺跡から出土した勾玉などの古代のアクセサリーやその制作道具も、たくさん展示しました。こういったショッピングモールのイベントは、普段文化財にあまり接することのない方たちにも本物を見ていただく大きなチャンスです。ヒスイやガラスなどで作られた古代のアクセサリーの美しさも堪能していただけました。

0 件のコメント:

コメントを投稿