2019年10月8日火曜日

遺跡発掘技能講習会 実施中 です

 

 本日10/8から、年配の方向けに全6回の遺跡発掘技能講習会を、滋賀県立安土城考古博物館で行っています。
 講座内容は、埋蔵文化財を調査する目的、発掘にあたって必要な技能等についてで、
講習会では、講義だけでなく実際の発掘・土器の取扱いも体験してもらいます。
 発掘という視点から、埋蔵文化財について見ていただく機会になっているかと思います。

2019年10月3日木曜日

「お墓からみた多賀の歴史」展㏌多賀町立博始まりました!

この写真の左手にアケボノゾウがいます
滋賀県埋蔵文化財地域展の第1弾として多賀町内の遺跡を取り上げた展示「お墓からみた多賀の歴史」が夏の滋賀県埋蔵文化財センター開催に引き続き、多賀町立博物館開催が始まりました。
 多賀町立博物館と言えば、アケボノゾウで有名ですが、その模型のすぐ脇で展示しています。ロビーでの展示で無料となっていますので、この機会にぜひお越しください。10/19(土)までとなっています。
 また、この展示に関連して多賀町内のみどころを散策する文化財探訪を企画しています。申込制となっていますので、興味のある方はぜひお申し込みください。詳しくはコチラをご参照ください。

2019年9月30日月曜日

現地説明会を開催しました!彦根市佐和山城跡

 9月29日(日)13時半より彦根市に所在する佐和山城跡の現地説明会を開催しました。前日までの天気予報では雨の心配がありましたが、天候に恵まれ爽やかな秋空の下、162名の方にお越しいただきました。
 今回の説明会の目玉となったのは、城下町地区で見つかった、南北方向に延びる溝の一角に築かれた橋の台座と考えられる石積みでしたが、この石積みがいつ崩されたのかという点に関心を示す方々が多くいらっしゃいました。石田三成が城主となり城下町を整備したときか、あるいは関ケ原の戦い後、井伊直政による改変に伴うのか等、いくつかの可能性があり、まだまだ検討していかなければなりません。
 

調査は今後も継続しますので、上記の課題も含め、遺跡のさらなる実態解明に迫ることができるよう努めていきたいと思います。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございました!
 なお、当日に配布した資料はコチラからダウンロードできます。

2019年9月27日金曜日

第5回連続講座を開催しました!



 本日、連続講座 第5回を開催致しました。京都市立芸術大学から畑中教授を迎え、
講演してもらいました。
 テーマは”信楽焼”、多くの方が朝ドラを連想されたのでは?
 内容は信楽焼の歴史について、深く・わかりやすく解説していただき
受講された複数の方から、「信楽のことがよくわかって面白かった」という感想を頂きました。中には「秋からのテレビ、スカーレットを楽しみしています」というお声も。
 第6回目は10月25日(金)で、テーマは「渡来人の葬送儀礼の移ろい/大津市志賀古墳群の分析」です。ご期待ください。

2019年8月30日金曜日

第4回連続講座を開催しました!


   本日、第4回の連続講座を滋賀県立安土城考古博物館で行いました。
 今回の内容は、現在滋賀県立安土城考古博物館で開催されている企画展「塩津港遺跡発掘調査成果展」(~9/16)に関連したもので「展示を見学したので内容がよく分かった」というご意見を、参加された複数の方から頂きました。
現物を見ることで、より深く理解されたたようです。
 ところで、企画展に展示している塩津港遺跡でみつかった神社の復元模型、実は本日の講師である横田さんが設計・作成したもので(滋賀県埋蔵文化財センターに展示中の古代の船も!)、いつもと少し変わった切り口の話も、皆様楽しまれたたようです。

 不安定な天気の中でのご参加、ありがとうございました。

令和元年第2回 文化財の活用を通した地域資源化セミナー開催しました

今日は、今年度の第二回の文化財の活用を通した地域資源化セミナーを開催しました。共通テーマに「歴史文化遺産活用の実践現場から」掲げ、北びわこふるさと観光公社の今井さんとびわ湖大津観光協会の宮本さんから活用の実践報告をしていただいた後に、参加者の方々と意見交換を行いました。
 今井さんは長浜市・米原市、宮本さんは大津市の歴史文化遺産を使った事例でしたが、地域によってさまざまな課題を抱えながら、いろいろな取り組みにチャレンジしていることがうかがえました。そして、歴史文化遺産をどう守り、どう使うのかについては、立場による考えの違いを越えて密接な意見の交換等をしていく必要を実感しました。
 今井さん、宮本さんにおかれましては忙しい中のご発表、ありがとうございました。参加者の皆様につきましては、天気の悪い中、ご参加くださいましてありがたい限りです。次回は12月を予定しています。HPをチェックしていただき、幅広い立場の方々のご参加をお待ちしています。

2019年8月28日水曜日

この日は親子で鍛冶職人ー2回目

 
この日の鍛冶体験が、この夏最後の体験学習になります。

 とこらが、朝から雨・・・
開催を危ぶまれ、確認の電話をされる方もいらっしゃいましたが、多くの方が楽しみにされている、ご期待にお答えしなければと、作業場のテントの位置を移し雨対策し、開催致しました。


 
最近は、金づちややすりを使う機会が少なくなっているせいでしょうか、体験された多くの子供さんから、
「カンカンたたくのが気持ちいい」といった声を聞き、また、集中して磨いている姿を見ることができました。

 参加された保護者の方からは、「親子で楽しめてとても良かったです」という声を多数お聞きしました。

                         無事実施できて良かったです。