滋賀県文化財保護協会

滋賀県文化財保護協会は、滋賀県内の遺跡の発掘・整理調査を行っております。
また、遺跡から出土した遺物を活用した普及活動を実施しています。
今後のイベント実施情報につきましては当協会ホームページ(www.shiga-bunkazai.jp)をご覧ください。

2018年12月17日月曜日

塩津港遺跡の調査成果報告会を開催しました!

広いホールに多くの人が・・・


週末の1216日の日曜日、木之本スティックホールで塩津港遺跡の調査成果報告会を開催しました。今年度の最新調査成果を中心に、過去の調査も含め、塩津港遺跡の魅力とすごさを報告させていただきました。
予想していたよりも多くの方々が来ていただき、うれしい悲鳴をあげてしまいそうでした。機会があれば、またこんなイベントしてみたいですね。
ミニ展示も熱心にみておられました
ありがとうございました。


2018年11月26日月曜日

文化財専門職員と行く探訪-佐和山城を開催しました

佐和山城の石垣
今日は、雨で延期になっていた探訪を開催しました。延期になった影響で、参加者が減ってしまいましたが、参加した方々は楽しんでいただけたようでよかったです。
 担当は山口さんで、佐和山城の城下町から城本体に至るまで丁寧な解説をしてもらいました。近江鉄道の鳥居本駅から城下町、大手、西の丸、本丸、JR彦根駅としっかり歩くコースでしたが、皆さん疲れも感じさせず、熱心に解説を聞いていました。お疲れさまでした。

2018年11月23日金曜日

大人の考古学体験講座-打製石器を実施しました!



 今日は大人の考古学体験講座―打製石器製作を実施しました。サヌカイトを使ってスクレーパーを作ることを目指しました。
 今日の講師の重田さんは説明の際もいとも簡単に割っていきながら説明をしていたので、受講者の方も難しいと聞いてはいても、もしかしてと思ったと思います。
 案の定、いざやってみると重いどおり割ることができずに難易度の高さを実感していました。そして、展示していた県内の遺跡から出土した遺物(打製石器類)の完成度の高さ、技術の高さを再確認していました。
 最後は、お肉を試し切りして切れ味を実感して終了しました。お疲れさまでした。

2018年11月11日日曜日

大人の体験講座-勾玉制作を実施しました!

当協会のオリジナル舞錐式の穴あけ器です。
秋晴れの素晴らしい天気の中、大人の体験講座-勾玉制作を実施しました。
 子供さん向けの体験とは違い、硬めの石材を使うので、大人でも2時間以上かかる体験です。
 大人なりにやはり力が入るようで、途中で割れてしまう人が続出、やり直しをしながらも根気よく作っていました。うまくできた人もそうでない人も満足して帰られました。お疲れさまでした。

2018年11月6日火曜日

栗東市蜂屋遺跡の現地説明会を開催しました!

11月3日、栗東市蜂屋遺跡の現地説明会を開催しました。当日は、天候にも恵まれ、350名を超える多くの方々にご参加いただけました。
 今回の発掘調査では、これまで知られていなかった古代寺院跡の存在が明らかになりました。また、出土した瓦の特徴から法隆寺と関わりの深い寺院跡であったことも見えてきました。参加いただいた方々からの「どんな建物が建っていたのか?」、「法隆寺との関係は?」といった難しい質問攻めにたじろぎながらも、担当者として、とても幸せな時間を過ごすことができました。
 なお、いまのところ、金堂や塔といった建物跡は見つかっていませんが、今後の発掘調査で明らかにできればと考えています。今後も調査成果にご期待ください。
 当日配布した資料はコチラからダウンロードできます。

2018年10月22日月曜日

長浜市塩津港遺跡の地元向け現地説明会を実施しました!

  10月21日、秋晴れの好天のもと、塩津港遺跡の地元向け現地説明会を開催しました。
  これまで、重要な調査成果が相次いだ塩津港遺跡ですが、今回は以前の調査で不明であった神社境内の東側の状況が明らかになりました。
 ご参加いただいた方々は、見つかった巨大な柱(鳥居)などの遺構を前に、「地元にこんな遺跡が残っていたのか!?」と感慨深げでした。
 塩津港遺跡の一連の調査成果については、総まとめとなるような報告の機会を設けたいと考えています。ご期待ください!
当日の配布資料はコチラからダウンロードできます。

2018年10月21日日曜日

おとなの考古学体験講座第二弾!骨角器を作りました

今日は秋晴れの素晴らしい天気でした。そのような中、骨角器製作体験を実施しました。
もともとは長浜市の塩津港遺跡から出土した笄(こうがい:かんざし)を作るイベントから出発しました。今日も最初に塩津港遺跡から出土した笄を観察した後に作業にかかりました。材料は鹿の中足骨で、時間の関係でグラインダーとベルトサンダーをうまく使い、最後は紙やすりとコンパウンドで仕上げ ました。ぴっかぴっかで、透明感があり、骨には見えません。そして、玉ねぎの皮を使って染め上げて完成です。
皆さん、自分の作品の出来栄えに満足して帰られました。ご苦労様でした。
第3弾の本格的につくる勾玉制作11/11(日)の開催は、まだ参加者に余裕があります。子供さんがつくる勾玉制作体験とは違い、石の硬さも数段上がります。その分、出来栄えは素晴らしいものになりますよ。参加者をお待ちしています。