滋賀県文化財保護協会

滋賀県文化財保護協会は、滋賀県内の遺跡の発掘・整理調査を行っております。
また、遺跡から出土した遺物を活用した普及活動を実施しています。
今後のイベント実施情報につきましては当協会ホームページ(www.shiga-bunkazai.jp)をご覧ください。

2018年5月18日金曜日

古代近江の生産・流通拠点復元に挑戦! 連続講座2018 第1回開催

今年度も始まりました、当協会が誇る精鋭調査員たちの成果報告【連続講座2018】!第1回は、重田調査員による「須恵器生産のムラ-竜王町ブタイ遺跡の調査成果から-」。
 古代近江随一の須恵器生産地「鏡山」に隣接するブタイ遺跡からは、運河ともいうべき河道跡と、そこから大量の須恵器・木製品が出土しました。
 ポイントは、須恵器に多くの不良品-歪んだものや生焼けのもの-が含まれていること、木製皿の未製品などもみられること。このあたりに着目した重田調査員、このブタイ遺跡は鏡山産須恵器の流通前の集積場である可能性を指摘し、併せて木製品の生産にもかかわっていたことを推察、さらにはそれを管理していた人々とその暮らしにアプローチしました。
 詳しくは今年度刊行の調査報告書と、それをもとに書き連ねられるであろう重田調査員の論考に乞うご期待!おたのしみに!!

2018年4月3日火曜日

琵琶湖の素材を使った料理、人気投票の結果発表!

 平成30年3月3日(土)~3月29日(木)に、草津市のAスクエア内SARA東館2階Aプレイスで開催した琵琶湖の宝『琵琶湖八珍』の写真パネル展内で実施した琵琶湖の食材をつかった料理の人気投票の結果がまとまりました。
結果はコチラです。
 上位の5品は、意外とオーソドックスなライナップでした。最も美味しそうな「ビワマスのお造り」の選出には納得です。ぜひ、皆さんもご覧いただくだけではなく、ご賞味いただけたらと思います。
ビワマスのお造り

2018年3月23日金曜日

連続講座探訪編-壺笠山を実施しました!

 本日は今年度の連続講座受講者限定の探訪を開催しました。行先は大津市の壺笠山で「穴太野添古墳群」「壺笠山城(壺笠山古墳)」です。
 昨日まで雨続きでしたが久しぶりに良い天気で、探訪日和でした。幸いにして足元もあまりひどくなくよかったです。四ツ谷川沿いの足元のしっかりした林道をとおり、最後の壺笠山に至る一部の道がすこし険しいルートでしたが、皆さん無事歩き切りました。
 壺笠山城はなかなか個人で行きにくいところですので、参加者の皆さんは現地で説明をききいて楽しんでおられました。
 これで今年度の連続講座は終了ですが、次年度の連続講座を募集がはじまっています。参加をお待ちしています。

2018年3月17日土曜日

大人の考古学体験講座勾玉作りpartⅡ

今日はおとなの考古学体験講座の勾玉作りでした。
 この勾玉づくりの肝は、やはり当協会オリジナル(職員の横田さん制作)の舞錐で孔をあける工程でしょうか。この工程は、なかなか独楽がうまく回らず苦戦する人が多いです。一方で現代では電動ドリルで一瞬で孔が空くことが、実は非常に手間であることが実感できる場面でもあります。
 親子で参加してくれた小学生の作品が写真右中央です。
 もう一つ、写真右下は一回目に参加された方の作品を見せに来てくれました。赤い勾玉にセンス良くいろいろなビーズを組み合わせて仕上げていらしゃいます。 わざわざありがとうございました。
 夏休みの小学生の勾玉制作体験とは一味違った、難易度が高いこの勾玉制作、次年度も開催できるようにしていきたいと考えております。
 その際は、ちょっとやってみたいと思ったあなたのお越しをお待ちしています。


2018年3月14日水曜日

大人の考古学体験講座草木染を実施しました!

今日は良い天気でぽかぽか陽気でした。
 染物体験を実施しました。毎年、夏休みに小学生向けに草木染を実施しているのですが、大人向けということでじっくりといろいろな解説を受けながらの講座でした。染料は茜とカリヤスで染めました。淡いオレンジ色とからし色に染めあがり受講者も満足の出来栄えでした。
 
 また、出土品は機織機の部材や糸巻具を中心にみていただき、染を実践しました。

 媒染や染の最中は少し手がすくところですが、皆さん雑談(染に関することを中心に)の花が咲き非常に楽しそうでした。実際、満足度も高く、納得しておわりました。
 
 みなさんお疲れさまでした。


2018年3月10日土曜日

大人の考古学体験「骨角器編」パートⅡ

今日はおとなの考古学体験講座「骨角器編」の第二回でした。天気の方が心配されましたが、少し寒かったものの晴れで良かったです。
 
 二回目ということもあり、主催者の私たちもある程度段取よく対応できました。このうえ、今日の受講者の皆さんは非常に手際よく製作をおこなって、そろって「かんざし」+αを完成させて帰りました。 本当にびっくりです。

今日の作品の出来栄えはどうでしょうか?
磨き上げたあと、最後はクルミもしくは玉ねぎの皮で染色して出来上がりです。


 受講者の皆さんお疲れさまでした。
次年度も実施する予定です。乞うご期待!


2018年3月5日月曜日

『琵琶湖八珍』パネル展、ただ今開催中!

ただ今、草津市西渋川にあるAスクエア内Aプレイスで「琵琶湖の宝『琵琶湖八珍』パネル展を開催しています。
昨日、一昨日の両日(3/3・3/4)には関連イベントで、滋賀県水産加工業協同組合さんのご協力で湖魚の加工品の販売ブースを出していただきました。お疲れさまでした。
 
 月末(3/29)までパネル展の方は実施しています。継続して湖魚を使った料理の人気投票を行っています。投票に参加していただいた方には、抽選で素敵なプレゼントを用意させていただいています。お買い物のついでに、ぜひお立ち寄りください。