滋賀県文化財保護協会

滋賀県文化財保護協会は、滋賀県内の遺跡の発掘・整理調査を行っております。
また、遺跡から出土した遺物を活用した普及活動を実施しています。
今後のイベント実施情報につきましては当協会ホームページ(www.shiga-bunkazai.jp)をご覧ください。

2017年5月29日月曜日

法養寺・横関遺跡の現地説明会を開催!

平成29年5月27日(土)に、甲良町に所在する法養寺遺跡・横関遺跡の地元説明会を実施しました。

当日は、好天に恵まれたこともあり、地元を中心に45名の方々に参加していただきました。
今回の調査では、奈良時代の竪穴住居や掘立柱建物などを発見しており、参加者はかつての建物の痕跡を眺めながら、「入り口はどこだろう?」「何人家族の住まいだったんだろう??」と、さまざまな思いを巡らせていました。
説明会のなかでは、遺構掘削の実演も行いました。掘削中に土器が出土すると参加者も大いに興奮して大盛り上がりでした。



2017年5月19日金曜日

今年度の連続講座がスタート!

今日は今年度の連続講座の第1講を開催しました。昨年は天気には本当に恵まれませんでしたが、今日はまさに五月晴れでした。この調子で、天気に恵まれるとよいのですが・・・。
 さて、講座の内容は、辻川さんが近年の調査・研究成果をもとに、近江に来た人(モノ)、近江から行った人(モノ)の事例を紹介しながら、近江と韓半島、近江と東北地域との関係をどのように理解するか、考えを披露しました。

2017年5月9日火曜日

いらっしゃいませ!

保存処理施設の解説しています
今日は、滋賀県立安土城考古博物館を大阪大学の考古学研究室のご一行様が見学に訪れました。
 普段は博物館の回廊から窓越しにしか見ることのできない整理室と博物館の展示室を見学してもらいました。
 特に保存処理施設(左写真)のPEG含浸槽・真空凍結乾燥器の解説と木製品の保存処理のビフォアー・アフターに興味津々のようでした。
 
 またの来館をお待ちしております