滋賀県文化財保護協会

滋賀県文化財保護協会は、滋賀県内の遺跡の発掘・整理調査を行っております。
また、遺跡から出土した遺物を活用した普及活動を実施しています。
今後のイベント実施情報につきましては当協会ホームページ(www.shiga-bunkazai.jp)をご覧ください。

2012年8月5日日曜日

第3回火起こし選手権を開催しました。

滋賀県埋蔵文化財センターにおいて、3回目を数える火起こし選手権を開催しました。火起こし選手権とは、古代の火起こし器の復元品を使ってどれだけ早く火を起こせるかを競うもので、当時の人々の火を起こす苦労を体験していただく目的もあります。今年は小学生高学年部門と親子部門(小学生低学年以下と両親もしくは祖父母)の2カテゴリーを設定、各20組の参加を事前申し込みで予約いただきました。
公式練習場も設けました

当日は雨も降らずに湿度も低いため、火起こしには最良の条件でした。できた火種でマッチに火がついた時間を記録とするルールです。しかし、13:00より始まった小学生高学年部門では、予選に参加した20人がすべて火がつかないというハプニングが起こってしまいました。そこで、上位入賞者への副賞だった商品券を、頑張った全員に分割してお渡ししました。
白熱する小学生高学年部門

14:00より始まった親子部門では、12組に参加していただきましたが、こちらは予選で好記録が続出(最高は47秒)。上位4組による決勝では、予選で頑張りすぎたためか、それよりもタイムは落ちましたが、それでも優勝した組は2分台で着火。3位は5分間の本戦と3分間の延長戦でも決着がつかず、最後はジャンケンとなりました。子供よりもお父さんの方が真剣になる場面もあちこちで見られ、夏休みのひと時を楽しんでいただけたかと思います。

ドローに終わった親子部門3位決定戦

なお、副賞につきましては、各協賛企業さま(イオンモール草津さま、石山寺門前洗心寮さま、琵琶湖汽船株式会社さま、フォレオ大津一里山さま)からご提供いただきました。

0 件のコメント:

コメントを投稿