滋賀県文化財保護協会

滋賀県文化財保護協会は、滋賀県内の遺跡の発掘・整理調査を行っております。
また、遺跡から出土した遺物を活用した普及活動を実施しています。
今後のイベント実施情報につきましては当協会ホームページ(www.shiga-bunkazai.jp)をご覧ください。

2011年7月24日日曜日

あの遺跡は今!Part13開催しました

  滋賀県立安土城考古博物館整理調査課で「あの遺跡は今!Part13」が開催されました。
 例年より1ヶ月早い開催となった「あの遺跡は今!」ですが、発掘調査で行われる現地説明会の整理調査版で早いもので13回を迎えました。

石材鑑定コーナー

 整理調査成果中間報告会には53名、直前に報道されました東近江市蛭子田遺跡出土の国内最古級の木製壺鐙と高島市天神畑遺跡出土の鎌倉時代轡の特別展示

作業体験・「近江國印をつくろう」などを行った作業室公開には609名、延べ662名の参加者がありました。

蛭子田遺跡の壺鐙の特別公開

現在、安土城考古博物館では「節電クールライフ」にともない8月11日まで県内在住の家族連れは無料となっております。
その影響もあったようで、例年の倍近い方が参加してくださいました。
 夏休み最初の日曜日ということもあって、お子さんと一緒に家族で来場してくださる方が多く、また毎回参加いただいている方などなど、来ていただいた方、本当にありがとうございました。

國印

 鉄鉱石を探す石材鑑定では、「石に磁石がくっついた!」と驚きの声をあげていました。
 古代瓦の拓本のお持ち帰り用のラミネートシートやオリジナル一文字はんこも作成していただいた「近江國印をつくろう」は、夏休みの自由研究の課題の成果として大変喜んでいただきました。
 次回の「あの遺跡は今!Part14」は平成24年2月19日に開催します。ホンモノに触れることができる内容を企画中ですのでご期待ください。





 

0 件のコメント:

コメントを投稿